お墓を存続できないことも自然葬人気の理由

社会の様々な業界で後継者問題が起きていますが、実はお墓にも後継者問題が起きています。

少子高齢化で一組の夫婦に子供が二人いない時代に入ってからというもの、子供の数は減り続けています。


最近になって若干上向き傾向であるようなデータもありますが、結婚率の低下や正規雇用の減少で生活がままならず、結婚が大変難しくなっています。

そのような状況で、先祖のお墓を持っていても手放してしまう人が多くなっています。

これは、自分の親が鬼籍に入ったあと自分の面倒をみてくれる人がいないため、自然葬を考えるようになります。

誰でも先祖の墓を手放すようなことはしたくありませんが、お墓の場所がとても離れた場所にあり、管理や墓参りができないことや、供養料が納められないことが理由に挙げられます。

千葉の自然葬について調べるならこのサイトです。

自分一人なら、むしろお墓にとらわれることなく自然葬でよい、と考える人が多く、お墓自体が不要になっています。



また、お墓の選択肢として墓石ではなく納骨堂を考えたものの、自然葬の存在や明るく自由な雰囲気を目にし、無理をして小さな場所に自分のお骨が納められるよりは自然なままを望む人が増えています。

それでもお墓に入る従来の方法を選びたい人も多くいますが、死に対しての概念やお墓の管理や現実的な経済的問題もあいまって、なかなか難しくなっているのが現状です。
自然葬であれば場所にとわられることもなく、景色のよい場所で安住の地を作ることが可能という考え方です。