TOP > ファイルメーカーの開発環境のアップデート

ファイルメーカーの開発環境のアップデート

ファイルメーカーはバージョンアップするごとに使い勝手を向上させていますが特に開発環境の進化が注目されています。


ファイルメーカーはデータベースを利用したアプリ開発環境ですが、データベースを意識すること無く利用することに注目しており、各種データをUIで使える点が好評です。

千葉の自然葬について調べるならこのサイトです。

ただし、ある程度複雑なアプリではスクリプトを書く必要があります。

ファイルメーカーのスクリプト環境はワークスペースとして提供されており、使い勝手の良いヘルプ機能と合わせてエディタ機能に定評があります。



ただし、従来のファイルメーカーではエラーは表示されても、どのスクリプトがエラーになっているか分かりませんでした。


ファイルメーカー15ではこの点を機能拡張してエラー時にワードを強調表示して利用者に伝える機能が追加されています。


強調表示はスクリプトに慣れていない方だけではなく、さまざまな方に好評を得ています。



また、スクリプトについては実行後に戻すことはできませんでしたが、通常のエディタの戻す機能のように複数回元に戻せる機能が追加されています。
これらの機能はAPP開発において効率アップに繋がりますし、従来から使ってきているユーザーにとっては悲願とも言える機能です。

バージョンアップは頻度が少なめなソフトですが、バージョンアップのたびにしっかり基礎部分の安定度を高めた上で、新機能を続々と出す姿勢は好評を得ており、安定度の高さから長期間使うAPPも多数登場しています。


Copyright (C) 2016 ファイルメーカーの開発環境のアップデート All Rights Reserved.